次男が川崎病で入院

初めて知った病気 川崎病

次男が高熱を出し

顔を見ると目が充血

BCGの後が腫れてる…

これはヤバいな!と思い

調べると川崎病の症状

病院へ行き 症状を話すと

川崎病疑いで

すぐ大学病院へ

そのまま入院しました

治療

しんどい中 検査だらけで

可愛そうで

見てられませんでした

高熱の為

点滴も繋がっているため部屋からは出られず

点滴が身体中に巻きつきます

引っ張るし…

ベッドの上でいつものように遊んでも

やっぱりしんどそう(泣)

目は真っ赤に充血して涙目

身体中熱くて

早くどうにかしてあげてほしいと

望むばかりでした

 

三日目

お昼前から治療が始まりました

次の日の朝までかかり

治療が終了

点滴が外れました

朝熱が外れました下がり

症状も和らいでいました

先生からも

お風呂と部屋から出てもOKの指示があり

安堵の気持ちで

お風呂に入れ

プレイルームへ行き

お友達と遊んだり

ほっとした気分でした

次の日まで様子見で

朝熱を計ると37度

これぐらいなら大丈夫と言われたのですが

昼には37.8度

また再度治療かもしれないと思うと可愛そうでまた気分は沈んでいました

解熱剤を入れ次の日の朝まで様子を見ました

次男にお詫びと感謝

夜は少し落ちこみ

自分が次男にこんな目に合わせてしまったことに涙が出ました

旦那さん始め

いろんな人に言葉をもらい

落ち込んでいてもしょうがないし

今までの自分を反省し

次男に教えてもらったこと

これから更に良くしていくことを

心に決め

眠りました

朝目を覚ますと

なぜかスッキリしていました

次男の熱は下がり

一日上がることはありませんでした

その後検査の結果も良く

約一週間で退院することができました

どんなことがあっても

それは大切なことを教えてくれてるのだから

反省し感謝して

次に生かそう思いました

次男がこれからも元気にすくすく育つように

一緒に成長していきます!




人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

家の間取り作成①