間取り決定後のデザイン

家づくり

建築士と間取り図を見ても

素人の私にはイメージがつかず旦那さんや営業さんにほとんどお任せでした。

旦那さんが、デザインは私のほうが得意そうだから決めてね、と言ってくれたので

デザインのことも何も分からない私は、単純に好きな白い家をイメージしました。

昔からホワイトハウスに憧れていたので(笑)

デザインも一級建築士が担当

工務店探しの時に感動したMS工務店の営業さんのお話

「デザイナーさんとの一日目はまず雑談から始まります。雑談を大切にします。何故なら雑談の中にこそ、施主さまの毎日の動きや好みなどが見えてくるからです」

と言っていました。

お願いした工務店では、デザインの方を最初に紹介されたのに,

なぜか同じ一級建築士が全てを担当していました。理由を聞くと、会社の方針が変わり、従業員が一度に何人かやめてしまったようです。

私はあの工務店の言葉を思い出し、雑談をしようとすると、そんなことどうでもいいとばかりにどんどん凄いスピードで進めていきます。

時間に追われてる感じがしてとても慌ただしく、楽しんで家を創るということからは大分それていました。

この工務店のお勧めの一番いい内容でお願いしたのですが、理想通りに作っていくことは本当に難しかったです。

工務店がお勧めしてくるデザインがありますが、好きなデザインがなくて選びきれず、「この中から選ばないといけないのですか?」と質問に、「そうです!」と返答され流度、自分の理想のイメージが崩れていくように感じました。

私の実現したいイメージを白色に近づけたく、結構こだわってお話したので、とても熱心に思われていたようですが、少し面倒くさいお客さんなのかなと弱気になってしまいました。

工務店を選ぶ際に注意したいこと

実際には他の工務店ではできることも、その工務店によって出来るものが異なるんだなあと思うことを思い知らされました。

機能で選ぶことはもちろんですが、デザインにもこだわる方は、できるだけモデルハウスが自分の望む材料を使用しているかというところまで見ておくと良いと思います。

担当の方によっては工務店の契約ではない業者のものを使ったり、自分たちで探してきた素材を使ってくれるところが沢山あります。

担当の手間になるので、嫌がる担当もいますが、その場合は担当以外でも良いので是非相談してくださいね!

理想のイメージは、前持って写真の画像を送ったり、質問して了解を得ていたはずでしたが、

最終の階段決めにも、私がやりたかった階段をお願いすると

「それは出来ません」と言われ他の階段を提案されました。提示された2択の中からその場で早く決めてほしいという感じでした。

モデルハウスを見ていた時点から何度も確認していたはずなのに、残念な気持ちはありましたが、

完全注文住宅でも、工務店によっては全てを思い通りにすることは出来ないということを、思い知らされました。

現場に足を運ぶ

とても淡々と決めていってくださったのですが、ミスが多かったです。

階段周りを白にしてほしかったのですが、出来上がりはナチュラルな木の色に…

大工さんからも、”設計ミスがあり寸法が合わないので、ここを変えないといけない”とか、この色では合わなかったので白に変えました。など、とても気をきかせてくださいました。

家事室の棚の寸法が設計ミスだったようで壁を入れ替えることに…

玄関先の枠の色が図面では合わないナチュラルな木の色に…

内装が出来てからまず気付いたのは寝室の壁紙の色

トイレの壁紙の模様

畳の種類

建築士に伝えると、必ず何か言ってこられてすぐ対応してくれなかったので、打ち合わせシートを見返し、図面も写メして送りました。

面倒でしたが、そこまでしてやっと気付いて頂き、打ち合わせの通りにやり直してくれました。

家を建てる際に決めることは莫大な量なので、これくらいのミスは頻繁に起こることなのか、初めての私にはよくわからなかったですが、なんか違うと思ったことを、諦めず勇気を出して言ってよかったです。

できる範囲でもよいですので、家を作ってる途中に頻繁に現場を訪れる機会を持つと良いと思います。

続きは間取り③へ

最後までお読みいただきありがとうございました。

充実した家創りになりますように!




人気ブログランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました