子育て

子供の肌荒れにオススメ

乳児の肌

まだもう少し寒さが残る季節、空気が乾燥するこの時期は、まだ幼い子供の肌に赤いブツブツが出てきてびっくりしたり、所々ガサガサしたしたり、中には体全体が真っ赤になってクリームを塗っても治まらず、皮膚科や小児科でもらうステロイドに頼ることもあるかもしれません。

大人にとってはそこまで乾燥していない部屋でも、暖房をつけているだけで、子供の肌にとっては大変な状況です。産まれてから4か月頃までは皮膚が自然に皮脂分泌を行いますが、生後6か月頃から肌の荒れを感じ、慌てる方も多いです。

子供の肌のケアをされているのに、子供の肌が荒れてしまうという方もおられますので、ケアのポイントもお伝えしていきますね。

子供の肌ケアが義務感みたいになるのではなく、子供はまだママから肌に触れられることが大好きなので、ベビーマッサージでゆっくり塗ってあげるのも良いです。是非楽しみながらつづけてください。

ケアしているのに肌が荒れてしまった場合

沐浴後や入浴後は肌がとても乾燥しやすく、熱いお湯から出た後、また長時間の入浴ほど乾燥が進みます。大人と一緒にお風呂に入るようになると、寒い日は特に注意が必要ですよね。

子供が2歳にもなれば入浴剤を使うこともお勧めです。身体は温まりますし、お風呂で遊んでしまい入浴が長くなる際も、肌を保湿してくれるので安心です。

赤ちゃんには沐浴材がお勧めです。お風呂に沐浴材を入れると、お風呂のお湯で頭も身体も洗うことが出来、一人で入れる際には本当に便利です。1番風呂の綺麗なお湯で行うので、ソープを使うよりもすっきり全体を洗えます。

皮膚が乾燥で荒れてしまっている場合も、ソープで身体をしっかり洗うよりは、沐浴材でこすらず優しく洗ってあげることで、肌荒れが良くなってくることもありますので是非お勧めです。

沐浴材は薬局でも売っているのですが、私はこのメーカーさんのものをつかっていました。私の特殊な皮膚の荒れを治してくれた皮膚科で教えていただいた信頼できるメーカーさんです。


【あす楽】【送料無料】ママプレマ(450g)界面活性剤ゼロ ボディ洗浄料 無添加 石油由来成分 防腐剤 香料不使用 スキンケア 入浴型ボディ洗浄料 イオン洗浄 全身シャンプー 敏感肌 乾燥肌 悩み アルカリ水 塩素除去 ライトウェーブ

私は、1回分ずつ分けられたこちらのタイプを使っていましたが、大人のお風呂1回分に適する量だったと思うので、沐浴の時には分量を減らして使っていました。

沐浴のために購入される方は上の軽量タイプが良いと思います。


ママプレマ(ボディ洗浄料)/30g【ライトウェーブ】【メール便の場合、送料無料】上野

肌のケア方法

肌のケアですが、赤ちゃんのクリームって結構高いですよね(笑)

しかもママがケアしてあげようとクリームを出していると、自分もやりたくなってきて、お座りができるようにもなれば、おもちゃかのように自分でプッシュして出し始めますよね(笑)

生後6か月ぐらいまでは、赤ちゃんが本来持っている保護膜をできるだけキープしてあげたいので、ソープでの洗いすぎもそうですが、クリームも保護膜の成分に近いものを使ってあげていました。

赤ちゃんのためのクリームは無添加のものが多いので、その後は薬局でも買える大容量の赤ちゃん用クリーム、またはローションを使用していました。

大容量で安く購入したものは、子供にいたずらされても、そこまでもったいない!って思わないですし、勉強してるんだなあって見ていられます。赤ちゃんは永遠やりたがるので、しばらくしてからクリームのほうに意識を向けさせて一緒に塗りおしまいにします(笑)

私が長く今も使い続けているものはこちら


ピジョン ベビーミルクローション 300g 赤ちゃん用ローション  赤ちゃん ベビー Pigeon

こちらは大体どこの薬局や赤ちゃんショップでも手に入るので便利で、比較的肌への浸透が良いのに、コストパフォーマンスは良いと思います。

こちらと併用して使用しているものにバームがあります。

バームは一つ持っておくと、とても役に立ちます。ローションは柔らかく身体全体を塗るのには重宝しますが、部分的に乾燥していてバリア機能が崩れている箇所は浸透しにくいにで、すぐにまた乾燥してしまいます。

ローションや保湿クリームを塗った後、その部分を保護するようにバームやワセリンを塗ります。

今も使用しているワセリンはこちら


【保湿クリーム】ベビーワセリン 100g(乾燥肌 パラベンフリー)

他にもオーガニックのバームなどが沢山販売されており、どれも使い心地が良いです。

こちらは価格的にもお手頃ですが、効果は十分すごいんです。

ガサガサしている部分に塗って寝ると、翌朝大分保湿され、3日でキレイに治ってしまうほどでした。

固めですので、部分使用で、保湿クリームなどとの併用がお勧めです。

まとめ

参考になりましたでしょうか。

子供の肌は敏感で肌荒れを繰り返す子もいますし、一人ひとり個人差もあります。でも子供の自然治癒力は本当に凄いものですので、そこを引き出してあげられるようなケアができると良いですね。

肌荒れをそのままにしておくと、アレルギーの原因になってしまう場合もありますので、是非ケアをしてあげることをお勧めします!

最後までお読みいただきありがとうございました。

子供との毎日の生活が素敵な時間になりますように!