朝活

1冊の本が私を素敵な場所へ

本は好きですか?

私は本大好きで、朝しか読む時間がないので毎朝4時半ごろ読書しています。

高校生のころ進学クラスにいたせいか、本好きの友達が多く、それに影響され本を少しずつ読むようになりました。友達の影響ってすごいですよね。

私の父は本好きで出版の経験もありますが、母は結婚後本を読むことはほとんどしなくなりました。何をやるにも凝り性な母は保育士でしたので、子育て関係の本は人一倍多く読んだそうです。

本は人生にアドバイスをくれる

私は仕事がとても好きでしたが、その分仕事に熱く、よく自分の意見を発言していました。仕事仲間には「yukikoさんは外国で仕事したほうが活躍しそう!」と言われていましたので、日本ではもう少しおとなしくやってたほうがうまくいくよと思われていたのかもしれません(笑)

意見を言われるのを良く思わない上司もおり、一度痛い目に合い、落ち込んだ時期がありました。

家でもいつもの元気がない日が数日続いたので、何も言わなかった母もおかしいなと思ったのか、「この本めっちゃいい本らしいから読んでみたら」と私に1冊の本を渡しました。

私はその日の夜、寝る前に母から渡された本を読んでみました。

その本はスティーブン・.コヴィー博士の「七つの習慣」でした。

私は自分が会社にとってめちゃめちゃ良い提案をしたと思っていたので、その提案が却下され私も悪い立場に追いやられ、かなり精神的に落ち込んでいましたが、その本を読み始めた途端、その本の一文一文がスーっと心に入っていき、私をどんどん癒していきました。

私は読むのをやめられなくなりましたが、全部読んでしまうのはもったいにと思い、次の日に残しておきました。

気づけば心は軽くなっていて次の日には心はすっきりと澄んでいました。心がパラダイムシフトした感じでした(笑)。

数日後、「なんかyukikoさん、変わった気がする!」と周りから言われるようになってきました。

私はこの本すごい!もっと詳しく知りたいと思い、七つの習慣について調べ始めました。


7つの習慣-成功には原則があった!

 

数日後、「なんかyukikoさん、変わった気がする!」と周りから言われるようになってきました。

私はこの本すごい!もっと詳しく知りたいと思い、七つの習慣について調べ始めました

すると「七つの習慣勉強会」というものが開催されていることを知りました。月1回カフェで開催しているとのことで早速私は予約しました。

朝活

その朝活の雰囲気は素晴らしく、明るく落ち着いていて、感動する毎朝になりました。出会う方からお勧めの朝活を紹介していただき、参加する朝活で出会う主催者の方の心惹かれました。

朝早くから無償で参加者のため朝会を準備し、朝会の間は、参加者が皆楽しめるように上手く配慮が出来ている素晴らしいファシリテーターでした。

週に3回ほどさまざまなジャンルの朝活に参加するようになり、参加する度、1回1回の朝活で必ず何か一つ得るようにしようと心に決め参加していました。

その後私は本社に移動になり、新しい地で朝活を続けていくうちに、与えられているばかりの自分に違和感を覚え、主催したい!と強く思うようになりました。

朝活を主催

朝活仲間に話してみると、協力してくれ、企画はすぐに進み七つの習慣朝食会を開催することができました。定員を6人にして募集しましたが、毎回満席、キャンセルまちまで出てしまい、ファシリテーターをお願いし、定員を12名まで増やしました。

毎月1回開催する朝活は楽しみなものとなり、結婚のためその地を離れるまで続けました。

続けていると主催者の気持ちが分かりました。仕事前にわざわざ早起きして毎月来てくれる参加者の方々、そして何でもない私の話を真剣に聞いてくださり、とてもすがすがしい表情で仕事に向かわれます。

そんな参加者の方から元気を沢山いただいていました。参加してくださった方の今日一日が素晴らしいものとなることを祈り会場を後にすると、なんとも充実感に包まれた気持ちになります。

参加するのもとても楽しいけれど、主催するっていうのはもっと楽しくなりました。

その後、朝活をコラボしたり、個人事業主で活躍されている方を繋げてヨガやローフードを組み合わせた朝活など、どれもとても好評でリクエストも多く、ずっと続けたい気持ちでいっぱいでしたが、結婚をを機にその地を離れて都会育ちの私は初めて田舎暮らしへ(笑)。

結婚する機会でもないと、ずっと仕事ばかりし、子供にも恵まれなかったかもと思うと、あの時は残念でしたが、今思うと親孝行にもなり、良かったんだろうなあと思うようになってきました。

 

1冊の本がこんなにも私をいろんな世界に連れて行ってくれたことが物語るように、人生に迷ったとき、相談する人がいないとき、本を読むことをお勧めします。その時ピンときた本が良いと思います。最近は「本要約チャンネル」という素晴らしいものがあり、本の雰囲気を伝えてくれますので、読みたい!と思ったものを選択すると良いと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。皆様の人生が有意義でありますように!